本文へ移動

社長こーじのひとり言

RSS(別ウィンドウで開きます) 

社長こーじのひとり言42 2017年5月号

2017-05-16

最近、暖かくなったら寒くなり、寒い日が続いたら暖かくなる。
そんな中、人類界最強の変温動物の「社長こーじ」は日々の温度差に対応できず、花粉症とともに、バテ気味の毎日を過ごしています。


先週に訃報が入ってきました。それは、お客様からの電話で教えていただいたのですが、こーじの中学の同級生の妹さんが急死した電話でした。
妹さんは、こーじの妹とも同級生で、とても仲良くしていてよく家にも遊びに来ていました。
去年、お客様の関係で、妹さんと31年ぶりに話す機会があったのですが、もしかしたら、神様が亡くなる前に話す機会を与えてくださったのかもしれません。
その電話のおかげで、いち早く同級生に伝えることができ通夜にも出ることが出来ました。
最近は、毎年のように同級生の両親などが亡くなり、葬儀に参列することが多いのですが、そのたびに思うことがあります。「一日一日を精一杯に生きていこう」と。

社長こーじのひとり言41 2017年4月号

2017-04-14

4月、入学・入社の季節ですね!!


4月に入りそろそろ、ちまたの学校では入学式が行われていますね。
こーじのお客様の中にも、お子様が今年に入学・入社される方もいらっしゃると思います。
入学・入社するわが子を見て、今まであった出来事を思い出して、眼に涙を浮かべたと思いますが、今年も花粉で眼に涙を浮かべている最中の「社長こーじ」です。


この記事を書いている頃、全国的に桜が咲き始めています。
今治でも、そろそろ咲き始める模様です。しかし、それと同時に雨が続きそうですね。
ほとんどの人は、雨で散る桜を見て残念と思われるでしょうね。
しかし、雨で散る桜こそ美しいのでは?と思う今日この頃です。
人生は、はかないものです。一度かぎりの人生は精一杯生きて行きたい。
雨で散り行く桜を見てこーじは今年も頑張って行きたいと思います。

P.S. 英検の勉強、空手の審査の練習頑張っています。

社長こーじのひとり言40 2017年3月号

2017-03-20

3月、卒業の季節ですね!!

3月に入り、ちまたの学校では卒業式が行われていますね。
こーじのお客様の中にも、お子様が今年卒業された方もいらっしゃると思います。
昨年は、卒業する我が子を見て、今まであった出来事を思い出して、眼に涙を浮かべましたが、今年は花粉で眼に涙を浮かべている「社長こーじ」です。
 

中学と高校は、卒業式が終わっても気が抜けれません。次は県立入試や国立大学の合格発表です。
こーじの通っている道場生にも、県立高校の試験を控えている中学生がいます。
去年の夏の話ですが、中学でのテストで一番の成績をとっている道場生の志望校が、今治西校と言うので「私立は愛光をうけておいたら?西高に行くにしても、愛光を併願で受かる学力をつけて進学すると後が楽だよ。」とアドバイスをしました。
 

1月に久々にその道場生が道場に来て「愛光に受かりました。3月には本命の試験です。」
とサラッと言ってました。愛光高校に併願で合格するのは至難です。
彼なら将来には世界を舞台に戦っていける男になってくれるでしょう。


こーじは今日も花粉と戦います。

社長こーじのひとり言39 2017年2月号

2017-02-20

今年も早一ヶ月たちました。正月明けからずっとバタバタとしている日が続き、
やらないといけない仕事がなかなか前に進まず、毎日毎日パソコンと電話を相手に格闘している、「本当はおっちょこちょい」な社長こーじです。


皆さんは、今年の目標をたてていますか?
こーじの今年の目標は「空手の二段に昇段」と「英検に合格」です。
空手は先生にずっと言われ続けていて、去年に審査を受けさせていただく予定だったのですが、事情があり審査を受けれませんでしたが、今年こそは審査を受けて二段になりたいです。

英検は高校生の次女が、こーじの英語能力をあまりにも馬鹿にするので、娘を見返してやろうと英語のテキストを購入しました。
そのことを、英語の教師をされていたお客様に話したら「なら英検を受けたら良いよ」と言われ、
素直なこーじはその日のうちに英検のテキストを買いに行きました。


頑張って両方共に合格したいです!!

社長こーじのひとり言38 2017年1月号

2017-01-19

みなさん、明けましておめでとうございます!!
正月は、みなさんお出かけしましたか?

東京、京都で働いている長男長女が帰省して外食をするたびに財布の中身が消えていき、
休み明けには、一月の小遣いを使い果たしていた「社長こーじ」です。


皆さんは、本を読みますか?
こーじは、基本的に小説は読まないのですが、娘につき合って本屋に行って何気なしに小説コーナーを歩いていたら、ある小説のカバーと題名に惹かれ速攻で上下巻を購入しました。
買った本は、藤井太洋の「オービタル・クラウド」です。SFなのですが、Web制作者の主人公がスペーステロと戦い世界を守る物語なのですが、テンポがとてつもなく良く、リーダーとはかくあるべきだと思わせてくれる小説でした。
是非とも皆さんも読んでください。
こーじは、ハリウッドでの映画化を希望しています。


こんなこーじですが、昨年以上に頑張っていきますので、今年もよろしくお願いいたします!

TOPへ戻る